オンラインカジノが抱える諸問題

オンラインカジノが抱える諸問題

オンラインカジノの諸問題について

あなたは「スパム広告」をご存じでしょうか?オンラインカジノを取り巻く諸問題について掘り下げましょう。

オンラインカジノの諸問題

スパム広告の実態

「スパム広告」とは、受け取り手が有効なブロックをしない限り、一方的に送り付けられる「宣伝」を指すことばです。「ブログ」などを開設しているひとならば、一度くらい経験があるのではないでしょうか?
そして、問題視されているのは、「スパム広告」のなかに、「オンラインカジノの宣伝」が存在している点です。このようなことで、イメージがダウンするのは非常に残念です。

スパム広告が入らないようにする方法はないのか?
これについては実際の所、面倒ではあるのですが、パソコン側の設定を変更すれば防ぐことが可能となります。
インターネットで検索をして、有効な設定情報を収集しておきましょう。

オンラインカジノのサポート体制について

オンラインカジノは、インターネットを介して「本格的なカジノゲーム」をサービスするものです。
ただし、すべてのシステムが完璧とはいえない部分があります。設定に戸惑うこともあるでしょう。そのため、「サポート体制」の充実は急務だといえます。
しかし、運営している業者が海外に存在しているだけに、やり取りが困難となる事例が「いまだに」多く報告されているのです。

お手軽に楽しめるオンラインカジノではあるのですが、「サポート体制」が脆弱では興味が半減してしまいます。
トラブルの発生時に、用意されている「サポート体制」が機能しなかったなどの報告もあるのです。これでは、オンラインカジノが「市民権」を得ることは難しいでしょう。
業界を挙げて「脆弱なサポート体制」を問題視する必要があるのです。
この点に関しては、ランキング上位の大手オンラインカジノサイトがしっかりと対応しています。インターネットゲームの初心者は、口コミ情報を参考になさって、サポートに自信をもっているサイトを選ぶべきです。

ギャンブル依存症の問題

ギャンブル依存症の問題

オンラインカジノだけではなく、一般的なギャンブル全体で共有すべき社会的問題として、「ギャンブル依存症」が存在します。これは、社会全体で取り組まなければ解決を望めない問題でもあります。
現在、日本では「カジノ法案」が進行中です。ここでも「ギャンブル依存症」が大きく取り上げられており、反対派意見の代表格となっています。
「ギャンブル依存症」は、生活を破綻させてしまう恐ろしい症状です。危機意識を常にもつことが大切とされています。節度をもった「プレイ」を心がけてください。

オンラインカジノと法律問題

オンラインカジノをスタートするにあたって、知っておきたいのが法律問題です。
オンラインカジノは、ギャンブルの一つなので、日本国内でプレイをすると、捕まってしまうのではないかというイメージを持っている方も少なくありません。
しかし、結論から言うと、オンラインカジノは、違法でも合法でもないギャンブルとして位置づけられています。

オンラインカジノは、ギャンブルが合法とされている国で、海外において運営されていて、それそのものはなんら違法性はありません。
また、日本国内でも、オンラインカジノを裁くための法律自体が存在していません。
このため、ギャンブルは違法ですが、オンラインカジノに関しては、法律的にグレーゾーンとなっています。

オンラインカジノは特殊?

オンラインカジノは、ラスベガスや、マカオなどの海外の旅先で、カジノを楽しむのとなんら変わりがありません。
賭博罪は日本国内でのみ適用されることになります。つまりオンラインカジノは、海外にサーバーが置かれていて、海外の業者が運営しているということもあって、日本の法律だけで裁くことが出来ない一面があります。

海外にカジノの業者があり、プレイヤーが日本にあるという特殊なギャンブルがオンラインカジノですので、日本でオンラインカジノをしたとしても、それは違法とはいえないのです。
しかし、オンラインカジノは、法律で合法とされているわけではないので、確実に合法であるともいえません。これは、専門家の間でも意見が分かれているところなのです。

オンラインカジノでの初の逮捕事件

オンラインカジノでの初の逮捕事件

2016年の3月に、初めて日本人プレイヤーがオンラインカジノをプレイしていて、逮捕されてしまうという事件が起きました。
しかし、この事件では、日本人プレイヤーが略式起訴を受け入れず、裁判で争う姿勢を見せました。
そして、結果的には、検察はこれを不起訴処分として、プレイヤーは不起訴を勝ち取っています。

検察も、オンラインカジノの違法性を立証することが極めて難しいと判断したため、このように一転して不起訴処分にしたのだと考えられています。
1度不起訴となった事件で、再度検察側が摘発することは考えにくいので、今後もオンラインカジノで遊ぶ分には問題はないといえるでしょう。

しかし、日本国内で運営されている違法オンラインカジノに関してはまた別問題で、これは確実に違法であり、処罰されてしまう可能性がありますので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。