戦略性を持った高い勝率を誇るゲーム

戦略性を持った高い勝率を誇るゲーム

オンラインカジノのブラックジャックとは

オンラインカジノのブラックジャックは、オンラインカジノのゲームの多くの中でもとても人気のゲームとなっています。
海外のカジノでも、常に満席となっていることが多いですし、多くのプレイヤーがブラックジャックに参加をしています。

ブラックジャックは、プレイヤーとディーラーの一騎打ちのタイマン勝負となっていて、熱いタイマン勝負をしたい方には大変メリットのあるゲームです。
オンラインカジノのゲームの中でも、ハウスエッジが非常に低くペイアウト率が高いので、戦略的に勝てる可能性が高いゲームです。
また、ベーシックストラテジーを使うことで、勝てる確率をアップさせることも出来たりと、非常に魅力的なゲームとなっています。

そこで、オンラインカジノのブラックジャックについて、そのルールや魅力など、具体的に見ていきたいと思います。

ブラックジャックの基本的な部分

ブラックジャックは非常に人気が高いゲームで、ペイアウト率が高いことからも、参加したいというプレイヤーは多いです。
ブラックジャックはプレイヤーとディーラーのタイマンの熱い勝負のゲームとなっています。
他のゲームとは違い運要素が少なく、技術やスキルの差が出やすいゲームですので、戦略を駆使したりまたスキルを磨くことで、安定して勝つことが出来るゲームです。
上手い下手が如実に現れるので、やり甲斐があるゲームなのです。

ブラックジャックは、プレイヤーとディーラーにそれぞれカードが配られるというトランプゲームで、トランプの合計数が21に近いほうが勝ちというゲームになります。
21を超えてしまえば、自動的にバーストとなりますので、21に近い数字を揃えていくことになります。

プレイヤーは最初に2枚のカードが配られ、その後カードを引くか、もしくはスタンドするかを決定することが出来ます。
逆にディーラーは選択肢は一切存在せず、17以上になるまで自動的にカードが配られますので、必然的に17~21以上になります。
これを予測して、プレイヤーはカードのアクションを決めるゲームになっています。

ブラックジャックの流れについて

ブラックジャックの流れとしては、まずはカードがディーラーとプレイヤーにそれぞれ配られます。
プレイヤーのトランプカードは2枚とも表にオープンされていますが、反対にディーラーの方は、1枚だけ伏せられている状態になっているので、プレイヤーはこのカードを予測して、次のカードを引くかどうかを決定することになります。
逆にディーラーは選択肢がなく、17以上になるまでカードを引き続けることになります。

プレイヤー・ディーラー双方ともに21以上になってしまえば、この時点でバーストと言って負けが自動的に決定することになります。
負けなければ21になるまで続けて、21になればブラックジャックと言って勝ちになります。

理論よりもまずは実践をしたほうがわかりやすいので、オンラインカジノの無料ゲームで試して見るようにしましょう。

ブラックジャックのアクションとは

オンラインカジノのブラックジャックにはいくつかアクションがありますので、覚えておきましょう。
まずはスタンドといって、カードを引かずにそのままで勝負するアクションがあります。
もう一つがヒットといって、もう一枚引くアクションがあります。

その他にもダブルといって、倍で賭けてもう一枚引くという方法や、同じカードが出た場合、2つに分けるというスプリットという方法もあります。
そして、ディーラーに良いカードが出た場合に降参をすることが出来るという「サレンダー」、「インシュアランス」といって相手がエースだった場合に、ベット額の半分を出すことで保険をかける方法もあります。
ただし、ブラックジャックではなかった場合、ベット額とインシュアランスのベット額は没収されることになります。

ブラックジャックのカードの数え方について

オンラインカジノのブラックジャックのカードの数え方ですが、まずはAは1もしくは11と数えます。
そして2~9まではそのまま数えることになります。
そして、絵柄のカードについては10と数えることになり、テンカードといいます。
つまり、10が非常に多いことになります。

ブラックジャックのメリットと魅力とは

オンラインカジノのブラックジャックのメリットと魅力ですが、ブラックジャックはペイアウトが収束しやすく、勝ちやすいギャンブルとして知られています。
このため、安定して勝ちたい場合に向いています。
そして、スキル次第で勝率をアップしやすく、運次第ではないのが魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。